gahlsen(ガールセン)ブランドの歴史

ECサイトのお客様担当をしているSです。
お客様からのお電話で、近頃よく話題にあがる質問があります。

  • 「ガールセンって何ですか?」
  • 「ガールセン癒しの湯と1961ガールセンって同じ商品ですか?関係ありますか?」

Twitterを見て初めてお問い合わせをいただくお客様から、その様な質問が増えています。
その答えとなる、gahlsen(ガールセン) ブランドについて歴史を振り返ります。

Q1「ガールセンって何ですか?」

A1「“ガールセン”とはブランド名であり、当社の社名です。」

当社、ガールセン株式会社は、製造元である日本生化学株式会社より業務移管される形で独立した、入浴剤とエステサロン専売化粧品を主とする企画開発会社。
社名でもあり、美容の象徴となったブランド名が「gahlsen(ガールセン)」です。

ガールセンの由来は1961年まで遡ります。
当時は湯色、香りを楽しむリラックスタイプの入浴剤や名湯タイプの入浴剤が人気を博し、入浴剤市場の主流となっていました。
リラックスタイプ、名湯タイプが主流の中、日本生化学株式会社の前身である旧大阪工場にて、
「3種類の有効成分(温泉成分)」に、「古い角質を分解する酵素成分」を配合、「温浴効果による代謝促進に美肌効果を導入したスキンケア入浴剤」が開発されました。

このスキンケア入浴剤の先駆けとして生まれたブランドが「gahlsen(ガールセン)」であり、
開発から60年、商標登録から44年、医薬部外品承認から36年(2022年現在)のロングラン入浴剤「gahlsen ガールセン 癒しの湯」です。

Q2「ガールセン癒しの湯 と1961ガールセンは同じ商品ですか?関係ありますか?」

A2「ガールセン癒しの湯 と1961ガールセンは別商品です。」

●1961ガールセン
「ガールセン 癒しの湯 金印」の廉価版と言える、卸売商品として開発されました。

●ガールセン癒しの湯 金印 W酵素
「ガールセン 癒しの湯 金印」をベースに2種類の酵素を配合し、成分を大幅リニューアル!
gahlsen《ガールセン》ブランド最高峰のハイグレード品が「ガールセン 癒しの湯 金印 W酵素」です。

「ガールセン癒しの湯と1961ガールセン」同じ様に日本生化学株式会社にて製造されているパパイン酵素配合の入浴剤ですが、別商品です。

1961ガールセンを「ガールセン 癒しの湯 金印」のリニューアル商品として販売されているサイトがありますがリニューアル商品ではありません。ご注意ください。

ガールセンブランドの歴史

開発から60年、商標登録から44年、医薬部外品承認から36年のロングランの歩み(2022年現在)

ガールセン 癒しの湯 (〜2011年頃終売)

日本生化学株式会社の前身となる旧大阪工場で生まれた「ガールセン 癒しの湯」ガールセンブランド「礎」の商品です。

スキンケア入浴剤の先駆けを求め3種類の有効成分(温泉成分)に酵素成分を配合することで、温浴効果による代謝促進に美肌効果を導入したスキンケア入浴剤を開発しました。この頃は1包15g入りの商品でした。


ガールセン 癒しの湯 金印(2011年発売、2022年終売)

当社商品で、お客様の印象に強く残っていると言われるパッケージ「ガールセン 癒しの湯 金印」。

個人用の通販商品としてメインにその他卸売でも販売していました。この頃から分包内容が20g入りに変わり、分包・化粧箱のデザインも変わりました。


1961ガールセン(2015年発売、2022年終売)

1961ガールセンは「ガールセン 癒しの湯 金印」の廉価版と言える、卸売商品として開発されました。

1961ガールセンは「ガールセン 癒しの湯 金印」のリニューアル商品として販売されているサイトが多々ありますが異なります。ご注意ください。


ガールセン 癒しの湯 金印 W酵素 (2022年発売)

gahlsen《ガールセン》ブランドの最高峰ハイグレード品として「ガールセン癒しの湯金印 W酵素」新発売!

「ガールセン癒しの湯 金印」をベースにリニューアル!2種類の酵素を配合し、各種成分を大幅に見直し「美容」「温まり」に特化!大人女性の願いを形にした入浴剤が生まれました。《お馴染みのパッケージに、W酵素の文字が入ったのが目印です。》

60年の長きに渡り、作り上げられた入浴剤ブランドgahlsen(ガールセン)。
今後もスキンケア入浴剤に力を注ぎ、ガールセンブランドの商品開発を進めてまいりますので、ご期待ください。

【初回購入限定50%OFF】ガールセン癒しの湯金印 W酵素 60包【3個まで】